お勧めのオルソティック

優良店を見極めるには

足型をとり、その人に合わせたインソールの事をオルソティックと言います。

よくカスタムやっています!!という看板や広告を見ますが、ここで注意したいのは、型を取るにもセラピストの技量が大事になる。という事です。

型を取る人が、あまり勉強していなく、経験も浅いとマニュアル通りに型をとり、作成することが多いので、お客さんのどこが、どんな風に悪いのか?又は何が悪いのかがわからないままオルソティックを作られてしまい、高い金額を払わなければならなくなります。

ここで、信頼できるお店の特徴をいくつか上げますので、オルソティックを作成する際の目安にして頂ければと思います。

良い店の特徴

・足底圧機で足のどこに、どれだけ圧が、かかっているか客観的に見てくれる。

・足底だけでなく、歩き方を分析してくれて、評価してくれる。

・足の解剖に詳しい、又はエビデンスを知っている。

・映像などで歩行を録画して、オルソティックを使用する前後で評価してくれる。

・運動又は日常の注意点やアドバイスをしてくれる

・価格が15000~40000円位

などが挙げられます。

特に歩行評価や足底圧機は非常に大切で、これをしないで、足を見ていきなり作り始める業者には注意が必要です。
私の周りでは何十万もするオルソティックを作成した奥様が
いらっしゃいましたが、作成方法を聴いてみると、台の上に乗って型をとられただけと言い、嫌な予感がしましたが、案の定、使い物にならないお粗末な代物でした。。。。

これが、街中のあやしいお店なら仕方ないですが、大手のデパートなどで販売しているらしいので困ったものです。。。

オルソティックの紹介

オルソティックにもメーカーがいくつかあり、今回は私が良いなと思うメーカーをご紹介したいと思います。

footbionics フットバイオニクス

http://footbionics.jp/

ニュージーランドで足病医が認めたオルソティックです。ニュージランドの病院でも処方されます。販売用に既製品もありますが、カスタムで調節ができ、好評です。

footmaxx フットマックス

https://www.footmaxx.com/

アメリカで認められているインソールのメーカーです。最近日本にも扱うお店が増えてきています。ここの特徴はバイオフィードボックスで足形を取ったら、一度、カナダのラボに送られ、そこで整形外科医や理学療法士、足病医などのスタッフが評価し作成するといった徹底ぶりです。アメリカンフットボール選手にも愛用者が多く、高評価を得ています。

私もここの製品が気に入り使用していますが、革靴に入れるとまるでランニングシューズのような履き心地で驚いています。また、製品カタログを見ていると教科書通りのインソールを並べており、徹底的に医療としてのインソールを作成するといった社訓がうかがえます。

入谷式足底板

https://1post.jp/114

海外の会社ばかり紹介してきましたが、日本も実は凄いのですよ!!こちらは、故 入谷 誠先生が研究した独自のインソールです。理学療法士でもある入谷先生は足底版の研究に生涯を捧げ、多くの患者さんを痛みから救われてきました、その志は多くの理学療法士の先生方にも受け継がれ現在でもお弟子さん達が全国でセミナーを開催し広めています。

入谷式の凄いところは、理学療法士という身体のスペシャリスト達の細かい分析でその人の状態を分析し、足底版を製作します。その習得は非常に高度で難しいですが、厳しい試験をパスして技術を習得した先生ならば安心して任せられるでしょう。

もし、近所の整形外科などで入谷式インソールをやっていたら一度相談されては如何でしょうか?私も診察してもらった事がありますが、細かい分析に頭が下がり、私も負けないように勉強に取り組んだものです。

如何でしたでしょうか?既製品のインソールも良いですが、オルソティックを作成すれば3~4年は持ちますので、長い目で見れば既製品よりお得だと思います。(既製品はもって半年~一年)どこに行けば良いかわからない場合は上記の名前を検索して問い合わせてみるのも良いと思います。是非、痛みの無い足で健康に歩ける様になると良いですね!!